テレクラを120%楽しむ方法

【必読】テレクラで確実に出会えるテクニック!!その2

投稿日:

当記事はテレクラで確実に出会えるテクニックを紹介しています。その1を見ていない方はこちら↓↓

女性
今こそテレクラを楽しもう!!

  テレクラで、今までとは全く違うセックスライフを堪能しませんか?   電話を利用した出会いサービスと言われる「テレクラ」。 かつては盛り上がっていたものの、徐々に衰弱していき、も ...

続きを見る

基本女性をたてて下手から攻める!

テレクラ初心者が最初にやってしまいがちなのが、相手女性に舐められないようにやたら強気になって上から目線で女性との会話をする人がいますが、実は逆効果なのです。女性は出会いを求めてテレクラを利用しているのだから、強気で危険な男性に会いたいと誰が思うでしょうか?基本的にテレクラは女性の方に主導権があるため、電話を切るのもいつでもできます。

下から

自分が主導権を握れコントロールできそうと思わせることが大事です。コントロールされているようで、実はこっちがコントロールしているという流れになればベストですが、なかなか最初は上手にいかないものです。そういう時に下手に出ているということは相手女性を油断にさせることができるのです。そして軽く馬鹿にされるというくらいだといいですね!自虐ネタで相手を笑わせるぐらいのノリでいきましょう!積極的になるのは実際にホテルに行く時だけです!!(笑)

肉体的メリットをアピールして出会う

テレクラは音声のみのコミュニケーションのやり取りなので、顔や姿はお互いに確認することができません。そのため、声のみで相手の姿形を想像させるだけでなく、言葉の使い方も非常に大事なポイントになってきます。そこで、相手にどのような姿かどうかを伝える伝え方をうまく使うことが求められます。ではどのように使えばいいでしょうか?

マッスル

まず自分の体形が太っていたとします。そうするとあなたは相手女性から「どんな体系してるのー?」と質問された時にどのような表現をしますか?普通に「身長164cm体重80キロだよ~」と正直に言いますか?それとも「ぽっちゃり系」とか「ちょい太め」などとボヤかして言ってしまう方は、残念ですが出会えるチャンスを自分から下げてしまっていると言ってもいいでしょう!

電話での相手の姿が見えない分ある程度盛った話をしてもいいのです!実際に相手側も盛った話をすることなんて日常茶飯事です。なので、太っている体系でも「がっちり系だよ」とか「結構筋肉質っていわれる」といわれるとどうですか?相手女性はそう言われた方が100%会いたいと思うと思いませんか?(笑)
謙虚で誠実である必要なんてありません!わたしたちは出会うのが目的なのですから、基本盛った話をすることも大事です。

携帯

女性は本能的にがっちりした人やたくましい人のそばにいることで、優越感をかんじることができるので、その本能に訴えかけることが大事になります。

また、「見た目は芸能人の○○に似ているよ!」と、女性が好みそうな芸能人・俳優人・スポーツマンを自分の似ている人として、相手にアピールすることも大事です。やはりイケメンであればあるほど、女性はとなりで歩きたいものです。声だけでは絶対にバレません!かなり盛った感じで似ている芸能人を言っちゃいましょう!!

性的メリットをアピールして出会う

テレクラの相手女性と実際に出会うためには「性的メリット」もしっかり提示するということも大切です。わたしたちが出会う目的はなんですか?そう!「“エッチ”や“セックス”がしたい!」ということではないですか!?できるだけ可愛い子と出来るだけ出会って、できるだけ気持ちのいいセックスをする!これが目的なので、しっかりと性的アピールを相手にうまく伝えることが出会うためのポイントです。

恥ずかしい

そしてそのアピールをするときは、エロトークやテレフォンセックス(電話エッチ)をしている時に絶好のチャンスといっていいでしょう!その時にしておきたいのが【エッチテクニック】です。

・「おれ女性を手でイカすのマジ上手いよ」
・「ペロペロ舐めたいなー!舌使いには自信あるんだ」
・「俺のアソコ20cmぐらいあって、いつも女の子に大きいっていわれる」etc...

という感じで、男性の肉体的にたくましく、実際のエッチやセックスになった時に○○だよ!というアピールをすることで実際に会ってエッチになった時の想像をさせましょう!
女性は電話越しに「相手は一体どのような人なんだろう?」と思っているので、身体的メリットを伝えた後に性的メリットをうまく伝えることがもっとも効果的といえます。

 

ぜひこれらのテクニックを駆使して出会いをゲットしてください!!

-テレクラを120%楽しむ方法

Copyright© テレクラを120%楽しむためのサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.